機械仕掛けの死神【小説】

あらすじ

 見た目は一見、可憐な美少女。だがちゃんと男の子であるキサラギ・ヒロ少年(15歳)は、弱きを助け強きを挫く——おとぎ話のような「英雄」に憧れていた。
 手始めに王国軍の少年兵として活躍するつもりが……あっさり死にかけてしまう。しかし! ギリギリでとんでもない美人さんに助けられる。なんだこの人は? 胸はでかいし態度もでかい、口が悪くて常識を知らない、それでいて強く美しい女性。え、まさかの年下?
 そんな謎の「少女」に「自分と友達になってくれ」と言われ、一緒にお祭りに行ったり、星を見たり、だんだんと仲を深めていく。いつもクールな彼女がたまに見せる、年相応の笑顔。
 そりゃあ、好きになるのは当然ってもんだろ?
 でも彼女は、「国の奴隷」だった。このままだと彼女の体は腐り落ちて死ぬという。……ふざけんじゃねえ! 絶対に助ける! 約束する……!

 オレは、お前の「英雄」になる——

 ——たとえ死んでも、約束を果たせ。

 これは、救いの物語。

本編

番外編

第一部・番外編

第5.5話 「見たかった夜空The Night Sky」……神降臨祭から半年後、ヒロとレインの決別前のひと時。

第3.5話 「奉仕Sexual Service」(R18)……唐突に色づいた日々の中。レインは現実が何も変わっていないことに気づく。

第二部・番外編

外伝

特別番外編

※更衣央のカクヨムサポーターズ限定のコンテンツです。

もう一つのプロローグ

第0話 「アナザー・プロローグANOTHER PROLOGUE」……もう一つの序章。

マキナ学園

トラベラーズ